まつげの長さを伸ばすのに効果的な成分とは

まつげは、女性のメイクでも欠かすことが出来ないパーツの一つですが、そのお手入れで必要となることは、大きく分けて三つの要素があります。まず一つ目にはまつげの長さで、二つ目にはまつげの太さ、三つ目にはまつげの量です。

 

 

これらの三要素が合わさることで、まつげに対してのエクステを施したり、付けまつげの活用方法も微妙に違ってくることが多いです。その中でも、まつげをカール状にくるっとするためには、ある程度の寸法も必要でもし短いのであれば、それを伸ばす必要があります。

 

 

まつげを伸ばすときに活用できる成分には、オクタペプチドとオタネニンジンエキスの二つの成分が有効となります。まずオクタペプチドは、8つのアミノ酸で生成されているペプチドで、毛を生成する細胞である毛皮細胞や毛母細胞を作り出す幹細胞に直接、アプローチし活性化させます。

 

 

オタネニンジンエキスとは、別名を朝鮮人参とも呼ばれ、古くから代謝促進作用や血行促進作用があるため、その薬効が優れていることで知られています。それを肌に塗ると保湿や抗炎効果の皮膚のコンディションを整えることが出来ます。

 

 

つまり、これらの二つの成分が配合されている美容液をまつげの根元に塗布することで、毛を生成する細胞が活性化してまつげを伸ばす効果を生み出すことができるのです。使用方法も1日1回洗顔後に塗布を行なうだけで、濃密なまつげを作り出せることもあり毎日のメイクの中でも簡単に実践できます。