*

毛周期を正常に保つ成分とは

まつげは目に異物が入るのをガードするという役割がありますが、特に女性にとっては目をパッチリと印象的に見せるものでもあります。そのため自分のまつ毛の上に、まつ毛エクステなどを装着することによって、さらにその存在感を高めるという人が大勢います。そんなまつ毛には毛周期という成長のサイクルがあります。

 

まずは毛母細胞が分裂して毛が生え始め、表面に出て太く長くなっていく成長期があります。成長を阻害しないためにこの時期にはまつ毛エクステなどは付けない方が良いでしょう。

 

次がまつ毛の成長が止まり、抜け落ちるまでの退行期です。そして最後が、まつ毛が抜け落ち、次の毛が生えるまでの準備期間となる休止期です。この休止期に入ったまつ毛にエクステを付けてもすぐに抜けてしまうため、この時期のまつ毛にも装着しない方が良いと言えます。そんなまつ毛のサイクルが乱れると成長しきらないうちに抜けたり、なかなか生えてこなかったりしてしまいます。それを正常に保つためには、セイヨウナシエキスという成分が有効です。これはその名の通り西洋梨の果実から抽出したエキスで、アミノ酸やミネラル、タンニンなどの有効成分によってまぶたの血行を促進し、まつ毛の成長を促してくれます。また橙の皮から抽出したビターオレンジ果皮エキスも、同様にまぶたの血行を促進してまつ毛の成長を助ける効果があります。


血行を促進し、成長を促す成分とは

血行促進し、まつげの成長を促してくれる成分があります。

 
わかめ、昆布、もずく、めかぶなどの海藻類に含まれる「フコイダン」という成分です。
フコイダンは、海藻類に多く含まれる、ヌルヌル、ネバネバしたヌメリ成分のひとつです。抗ガン作用が報告されたことから、近年、特に注目を集めています。抗ガン作用のほかにも、抗酸化作用、抗アレルギー作用 、血圧上昇抑制作用など、多くの作用が確認されてます。
フコイダンには、幅広い効果が報告されていますが、その効果のひとつが「育毛作用」です。「海藻エキスが育毛に良い」というのは、昔から言われていましたが、近年の研究により、決して迷信ではないことが分かってきました。オキナワモズクの抽出物から、脱毛シグナルの作用を弱める物質が発見されたのです。海藻類によって、発毛回復の効果が認められたのです。

 
また、フコダインには、血液が凝固するのを阻止し、血行を促進してくれる機能があります。血行が良くなることで細胞分裂が活性化し、毛母細胞を刺激して発毛を促進してくれます。ヌメリ成分による保湿効果もあるため、皮膚に潤いを与えて健やかな状態を保ち、育毛環境を改善してくれる効果も期待できます。


まつげを太くする成分とは

女性の方にとって長く美しいまつ毛は魅力的な目元になれる必須アイテムです。
短いまつ毛ではどんなファッションでも完璧とはいえなくなる為、つけまつ毛に頼る方も多いです。
更に、毎日のようにマスカラを使い、その上 ビューラーで無理にカールをつけるというのでは、まつ毛自体が傷んでいるといっていいでしょう。

 

 

因みに、一般的に育毛剤や 発毛剤は市販されていますが、それは髪の毛のためのものです。
そこで、注目の的となっているのがまつ毛美容液です。
何故まつ毛美容液が人気になっているのかというと、毛髪に比べてまつ毛の毛周期は短い為、育毛の効果が出やすいという特徴があります。
早い人だと1ヶ月で、新しいまつ毛に生え変わります。

 

 

まつ毛の育毛に大切な役割をする成分には、 コラーゲンやプラセンタ・ヒアルロン酸などがあります。
これらの成分は美肌に対しても需要な役割をしていることは、ご存知の方も多いでしょう。
本来、まつ毛の成分はケラチン・各種アミノ酸などです。

まつ毛美容液はまつげにとって非常に有効な成分を直接まつ毛に塗ることでまつ毛を生成する為の美容液です。
では、その毛母細胞自体を活性化させ健康にして太くてハリのあるまつ毛としてくれる効果もあります。
効果のある成分には、ビオチン・ビワ葉エキス・牡丹エキスが あります。
ビオチン・ビワ葉エキス・牡丹エキスなどを含んだまつ毛美容液を使って、まつげをきちんとケアをすることで、ダメージを防ぐことが出来、育毛の効果がより期待できるようになります。

 

 


まつげの発生に効果がある成分とは

まつげは、左右上下併せて300~450本発生しており、毎日4、5本ずつ抜け替わっています。
体毛や頭髪の主成分はケラチンですが、まつげも同じ成分で出来ています。
まつげは本来、眉毛と共にごみや埃、汗や雨水などが眼の中に入るのを防ぐ役割を持ちます。
その為、健康なまつげは指で押さえても弾力があり、しなやかに持ち上がります。
不健康なまつげは腰のない、筆先のような感触であり、場合によっては切れ毛や枝毛まで生じます。
過剰なカールやビューラーの使用、マスカラの塗り過ぎなども、まつげを傷めたり通常以上に抜ける原因になります。
お手入れに関しては、目元を擦るなどの無理を掛けず、美容液でゆっくり労る事が一番です。
最近は、ケラチンを始とする各種アミノ酸を配合した、まつげ専用の美容液もあるようです。
ただ、目と言う非常にデリケートな場所の近辺へつけるものですので、素人判断ではなく、サロンの美容師などの専門家の判断を仰ぐのが良いでしょう。

 
但し、余りにも特定の美容液ばかり勧める美容師は、要注意ですが。
肌質も毛質も、人によって違います。
アレルギーの事もありますから、各種アミノ酸と言う謳い文句に踊らされず、身体にあったものを選んでください。


まつげの長さを伸ばすのに効果的な成分とは

まつげは、女性のメイクでも欠かすことが出来ないパーツの一つですが、そのお手入れで必要となることは、大きく分けて三つの要素があります。まず一つ目にはまつげの長さで、二つ目にはまつげの太さ、三つ目にはまつげの量です。

 

 

これらの三要素が合わさることで、まつげに対してのエクステを施したり、付けまつげの活用方法も微妙に違ってくることが多いです。その中でも、まつげをカール状にくるっとするためには、ある程度の寸法も必要でもし短いのであれば、それを伸ばす必要があります。

 

 

まつげを伸ばすときに活用できる成分には、オクタペプチドとオタネニンジンエキスの二つの成分が有効となります。まずオクタペプチドは、8つのアミノ酸で生成されているペプチドで、毛を生成する細胞である毛皮細胞や毛母細胞を作り出す幹細胞に直接、アプローチし活性化させます。

 

 

オタネニンジンエキスとは、別名を朝鮮人参とも呼ばれ、古くから代謝促進作用や血行促進作用があるため、その薬効が優れていることで知られています。それを肌に塗ると保湿や抗炎効果の皮膚のコンディションを整えることが出来ます。

 

 

つまり、これらの二つの成分が配合されている美容液をまつげの根元に塗布することで、毛を生成する細胞が活性化してまつげを伸ばす効果を生み出すことができるのです。使用方法も1日1回洗顔後に塗布を行なうだけで、濃密なまつげを作り出せることもあり毎日のメイクの中でも簡単に実践できます。


まつげの毛周期について知ろう

まつげは、目を外的刺激や異物から保護するために生えており、ホコリなどが角膜や結膜へ侵入するのを防いでいます。日本人の一般的な長さは、約5mmから10mmほどで、本数については個人差がありますが、およそ上まぶたには約100本から150本、下かぶたにはその半分程度生えていると言われています。1日に5本前後自然に抜け落ち、約0.1mmから0.18mmほど成長します。

 

 

まつ毛の成長が最も活発になるのは、午後10時から午前2時の間で、成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯と同じです。栄養をしっかりと摂り、十分な睡眠を取ると、再生と成長を促すことができます。

 

 

人間には、毛の生えるサイクルである毛周期というものがありますが、まつ毛も同じで、成長初期、成長期、退行期、休止期を繰り返しています。

 

 

成長初期は、皮膚の中で毛の成長が始まる時期で、皮膚から毛が生えても細くて弱くコシもない状態です。これから毛はどんどん太く長くなっていきます。成長期は、成長初期から皮膚表面へ毛が出た段階で、更に太く伸びてコシも出てきます。退行期になると、毛の成長が止まり、休止期に入ると毛が抜け落ち、次の毛が生えるまでの準備を始めます。

 

 

まつ毛の毛周期は、3週間から4ヶ月のサイクルと他の毛に比べて非常に短いため、頭髪のように伸び続けることなく一定の長さを保っているのです。card-hand_l


不健康なまつげとはどんなまつげ?

まつ毛も当然普段摂取している食べ物の影響を受けます。card02_l
毎日のバランスのよい栄養摂取は、身体の健康な細胞を作り上げることができます。
健康を維持するためには、十分な栄養摂取で健康で丈夫な細胞をつくり、適度な運動で細胞の新陳代謝を促進し、質の良い睡眠で傷ついた細胞の修復を促します。

 
基本的な食事、運動、睡眠はとても大切なのです。
健康でいることが美しい身体をつくることができます。食事、運動、睡眠が不足していると不健康となり、肌だけでなく頭髪、爪、まつげにも悪影響がでます。

 
まつげは女性にとって重要な部分です。メイクのなかでもアイメイクにポイントを置くケースが多く、印象的な目にするためには長く量の多い、丈夫なまつげが欠かせません。

 
しかし、マスカラやビューラーを使用することでまつげが傷みがちです。まつげ美容液でケアすることも有効ですが、やはり健康で丈夫なまつげを育てることが一番です。
食事、運動、睡眠がちゃんとできていないと、乾燥して切れ毛の多いまつげになります。
当然短くなり、抜け落ちて量が少なくなってしまい、印象の弱い目元になってしまいます。
健康であることが美容につながります。スキンケア化粧品やメイク化粧品よりも、日常生活に気を付けることのほうが効果的なのです。


健康なまつげとはどんなまつげ?

メイクをする時に、特に重要なまつげは、マスカラやエクステに耐えられるように、常に健康を保たなくてはいけません。ですので、目元をついついごしごしと洗ってしまったり、無理にビューラーをかけてしまいますと、直ぐにでもまつげは抜け落ちてしまいますので、注意が必要です。card01_l

 
程よく弾力があり、適度に油分があるまつげは、まさに理想的なまつげだと言えるでしょう。まつげも、髪の毛と同じで、毛です。ですので、枝毛や縮れも発生する事があるのをご存知ですか。

 
ですので、まつげだといって、何もケアをしませんと、直ぐにでも抜け落ちてしまうのです。最も簡単で効果的なケア方法は、まつげ用の美容液を使用する事です。まつげ用の美容液は、マスカラを塗るような感覚で、手軽に利用する事ができますので、大変おすすめです。

 
綺麗なまつげを作り上げる事によって、より一層、マスカラやエクステをした時に、まつげが映えますので、大変魅力的な目元を作り上げる事が出来ます。目元のメイクを、綺麗に仕上げるために、日ごろからまつげにも気を遣うように心掛けましょう。

 
まつげだからといって、適当なケアをしていると、目元に負担がかかってしまいます。綺麗な目元のためにも、まつげに気を遣うように心掛けましょう。


まつげの役割とは

さて、近年美容雑誌を手にしてみると、ありとあらゆるまつ毛に関する美容方法を目にする事ができます。その美容方法もさまざまで、最近ギャルと呼ばれる女性に人気を博している、付けまつ毛からアイラッシュエクステンション、はたまた自分自身の天然のまつ毛をより長くする方法等、まさに女性の顔はまつ毛で決まると言っても過言でないような流行が続いています。

 
さて、そんな美容に関して非常に重要な位置を占める、誰の顔にでも生えているこのまつげですが、本来美容だけでなく、目の健康に関しても重要な役割を担います。そもそもこの短い毛髪が目の周りに生えているのは、粉塵などが目に入ったり、または汗等が目に進入して、眼球が傷つかないようにすることと、視界を妨げないようにする役割があるのです。またこれらの異物の侵入を目に入る事を防ぐということは、目に入る雑菌を防ぐ事もできるので、眼病の予防にも一役買います。

 
ところで私たちの自然のまつ毛は、下より上まぶたのほうが、その長さが長くなっていますね。それはどうしてでしょう。これは眼球を保護する瞼が上に生えている長いまつ毛で異物等を感知し、何か眼球に触れてはいけないものが回りにあった際などに、まぶたを閉じるためのセンサーの様に発達している事の表れです。このように、この小さな毛の中には、眼を守るための重要な役目があるのです。